投資信託の税金内訳について

| 未分類 |

投資信託の税金の内訳についてですが、基本的には20%となっています。この20%という数値についてですが、現在のところは15%が所得税で、5%が住民税となっています。つまり、国に対して15%の税金を支払い、そして都道府県や市区町村に対して5%を支払うことにあんっています。現在では復興特別税が0.315%かかっていますから、合計では20.315%となります。基本的にはこのような内訳になっています。

ゴルフ01
なお、課税されるのは普通分配金だけで、特別分配金に対しては課税されることはありません。このようにいうと、特別分配金はメリットが大きいと考える人もいるでしょう。しかし、実はそうではなくて、資産を取り崩して受け取っているだけですから、特別分配金は利益ではないのです。利益が発生しているわけではありませんから、課税されることがないと言うだけで、実際にはこれによって資産が増えているのではないという点に注意しておきましょう。ですから、資産運用がうまく行っていれば普通分配金を受け取って、そして納税しているはずです。納税しなければならないと言うことが、利益を発生していることと同じ意味だと考えておくのが良いのです。