信託財産留保額について

| 未分類 |

投資信託で必要なコストとしては、信託財産留保額のことを考える必要があります。

 
この信託財産留保というのは、投資家が投資信託を解約する際に支払う費用です。
投資信託によっては支払わなくていい場合もありますが、多くの場合、解約代金から差し引かれる形で支払が行われます。
支払額は投資信託の種類によって異なります。

アイススケート02
基準価額の0.3%が一般的ですが、信託の種類によって金額は違います。
投資信託の中には解約時の留保額が必要になるものもあれば、もとから留保額の設定がないものもあります。
留保額が必要な投資信託での途中解約では、解約代金からの差し引きの形で留保額が支払われることになります。

 
一方、もとから留保額の設定がない投資信託の場合は、留保額の支払いは必要がありません。
また設定によって、ある期間までの解約では留保額が必要になるものの、その後は無料になるというものもあります。
留保額については一般的に、預けた資金の0.3程度となっています。

 
信託財産留保は、投資信託における投資家に対する中途解約ペナルティと見ることができます。
信託財産留保は投資家が負担すべき費用の一つで、これ以外にも販売手数料や信託報酬などの費用負担もあります。