信託報酬について

| 未分類 |

信託報酬とは、投資信託を保有するときに支払う手数料の一つです。買付手数料や信託財産留保は、買付時、あるいは売却時に支払うものですが、そうではなくて保有している期間に比例して支払うものを指します。既補的には毎日差し引かれていますから、保有している期間が長くなればそれだけ多く支払う事になります。長期保有の時には注意が必要です。その割合は年率で表されるのが一般的です。

アイススケート01
一般的な投資信託では支払う事は必要となりますが、最近ではかなり安いものもあります。投資信託の一種であるETFは全体的に安い傾向があり、長期的に保有するのには適していると言えるでしょう。また、最近ではインデックスファンドの中にもかなり安いものがあります。これらを利用すればコスト抑えた長期的な投資を行うことができると考えられます。

 
ファンドオブファンズの場合には、マザーファンドに対しても手数料を支払わなければならないですから、実質的には二重で手数料を支払っていることになります。これらも含めて考える事が必要です。他にも色々な費用がかかりますから、全体的なコストを考えるときには他の費用についても視野に入れて、それらを合計した上でコストが安いかどうかを判断しましょう。