公社債投資信託について

| 未分類 |

個人の投資家が少額の資金で始められる投資の方法に投資信託があります。投資信託では複数の投資家たちから資金を募り、集められた資金をひとつまとめて運用することで、個人の投資家ではすることの難しい分散投資によるリスクの回避をすることができるという特徴があります。投資信託での投資の対象となっているのは国債や地方債、株式、社債などですが、より高いリターンを目指す投資信託の場合、株式の比率が高いものになっており、その比率が高くなればなるほど元本割れのリスクは比例して高くなっていきます。

ゴルフ03

投資信託にはいくつもの種類がありますが、その中で比較的安全性が高いものとして知られているのが、国債や地方債、社債を中心に運用をしている公社債投資信託です。国債や地方債、社債はあらかじめ利払いや元金が確定しています。そのため、値動きの激しい株式を組み入れている投資信託よりもリスクが低いのです。

 
株式を中心として運用している投資信託の場合、投資先の企業の業績が大幅に上昇したときなどにはそれに合わせて高いリターンが期待できますが、反対に業績が下落したときには元本割れをしてしまう恐れがあります。それに対して公社債を中心に運用を行なっている投資信託では投資先の企業の倒産などのリスクがないため、安定した収益が期待できるのです。