投資信託を途中で換金するのに必要な事

| 未分類 |

投資信託は株式投資などとは違って、基本的には何度も売り買いをする性質のものではありませんが、投資における自分の目標額に達した場合や、あるいは何らかの事情でお金が必要になった場合、途中で換金することができます。いつお金に戻せばいいかというアドバイスは販売会社も行っていはいないため、基本的には自分自身でお金に戻すタイミングを決定する必要があります。
この金融商品では大勢の投資家から資金を調達し、それを元手に運用を行なっているため、まだ資金が十分に集まっていない段階での解約や買取は一定の期間できない場合もありますが、原則としてはいつでもお金に戻すことができます。
お金に戻すには販売会社に買い取ってもらう方法と、解約を申し出る方法があります。途中でお金に戻すためには解約請求をすることになります。
解約請求をする場合、購入をした金融機関の窓口へ足を運ぶ必要がありますが、その際には本人を確認できる書類、通帳、印鑑、最新の取引残高報告書を持参します。金融機関の営業時間が終了する午後3時までに所定の手続きが完了すれば、当日もしくは翌日の販売基準価額での計算が行われて戻ってくるお金の額が決定されます。ただし、解約を請求した当日にすぐお金が戻ってくるのではなく、4営業日目以降に現金が支払われることになります。アメフト01