投資信託で必要なコストについて

| 未分類 |

個人投資家から資金を募り、その資金を元手に株式取引や先物取引などを証券ファンドが行うというのが投資信託のシステムです。
個人投資家が株を購入するのに比べ一つの銘柄で大きな損失を出してしまうといったリスクがなく、中長期的な目線で見れば収益となりやすいといった特徴があります。

 
金融商品なので当然投資額が割れてしまいマイナス方向に傾くといったこともありえますが、株式取引に精通していない個人がネット株などに手を出すのに比べれば格段に安全であるといえるでしょう。

 
具体的なコストとしては直接ファンドに対して支払う販売手数料と、ファンドが運用にかかる費用や運用報告書の作成費、産の保管のための費用などをまかなうために徴収される信託報酬や決算時に自動徴収される監査報酬などが挙げられます。

 
もちろん財源徴収などで税金も取られてしまうため、資金委託を行ったとしても自然と結構なコストがかかってしまうものだということを認識しておくといいでしょう。

 
しかしファンドによって手数料であったり信託報酬は違いますし、キャンペーンで信託報酬のパーセンテージが下がっているといったことも珍しくないため、決して膨大な金額の運用費用を取られてしまうわけではないということを覚えておくといいでしょう。