これまで預貯金以外に資産運用をしたことのないという人は多いかもしれませんが、一昔前のように銀行にただ預貯金をしているだけでは思うように資産を増やすことはできません。そのため、本格的に投資に挑戦しようと考えている人は近年、急増しています。しかしながら、投資用の金融商品には数多くの種類があり、そのなかには高リターンが期待できる半面で非常にリスクの高い金融商品もたくさんあります。高リターンを期待するあまり投資に関する知識があまりないにもかかわらず、そのようなリスクの高い金融商品に手を出してしまうのはいささか無謀です。

 
そこで投資の初心者が気軽に始められる資産運用法として投資信託に人気が集まっています。

 
この金融商品の特徴は、少額から投資が始められ、その運用に関しては専門家が行ってくれるという点にあります。この金融商品は大勢の投資家から資金を集めて多額の投資用の資金を作り、それを元手に株式などの金融商品に分散投資を行うことになります。その際のお金の流れとしては、投資家は販売会社にこの金融商品の代金と手数料を支払い、集められた代金は資産を運用するための資金として運用会社に委ねられることになります。運用会社に委ねられたお金は株式などによって運用され、儲けが出た場合にはその収益分は投資家が購入した金額の割合に応じて分配されることになっています。